今回は、熊田曜子さんのダイエット方法をご紹介します。スタイル抜群で、タレントとして様々な番組に出演している彼女。スタイルが良いのはもちろん、「豊満なバスト」を持っている彼女に、憧れの気持ちを抱く方も多いのでは。

産後の体型維持!熊田曜子さんのダイエット方法

現在は2児の母として、タレントのお仕事も行っている熊田曜子さん。スタイルを維持させるためにも、様々な工夫を行ったダイエット方法があるはずです。以前は、グラビア活動も行っていたのですから「人に見られる」ということをかなり意識していたのではないでしょうか。

熊田曜子さんとは?

元グラビアで今は2児の母

芸能事務所「アーティスト・ピラミッド」に所属している熊田曜子さん。そんな彼女の芸能生活の始まりはグラビア活動だったのです。現在は、一般男性と結婚し、2児の母でもあります。第一子出産後、なんと8ヶ月で体重を14キロも落としているのです!

食事はどんな物を食べて痩せたの?

和食中心

ダイエットで欠かせないのが、「食事」を意識すること。食事制限をしてしまうと、良い母乳が出ないので、和食中心にしたのだそうです。体を温めることで、バストにも良いとのことで、人参・ごぼう・根菜類を積極的に食べていたみたいです。

塩分を抑えたスープ

熊田曜子さんは、むくみを防ぐために塩分を抑えたスープを飲んでいたのだそうです。たっぷりの野菜が入ったスープを飲んで、そのままそのスープを赤ちゃんの離乳食にしていたみたいです。というのも、味付けは離乳食程度の薄さにしていたので、そのまま赤ちゃんに与えらることができたのだとか。

主食は玄米

白米が大好きだという熊田曜子さんは、主食を白米から玄米に変えました。玄米は、ミネラル・ビタミン・食物繊維が豊富なので、ダイエット中には特に、効果的です。

 

ドレッシングは小皿にいれる

ついつい気にしなければ、かけすぎてしまうドレッシング。そこで熊田曜子さんは、「かけすぎ」を防ぐために、小皿に入れて、そこに野菜を付けて食べていたのだそうです。こうすることで、カロリーを抑えることに繋がるんです。

揚げ物は自分のぶんは揚げずに焼く

太りやすい揚げ物を食べる時は、自分のぶんは揚げずに「焼く」ことで、ヘルシーになるように心がけていたのだとか。

ホイル焼きで野菜の甘さを味わう

ホイル焼きは、油を一切使わないで、塩・こしょうのみ。油や調味料を一切使わなかったそうです。なので、カロリーもそれほどきにすることなく野菜の甘さを楽しむことができるのです。

運動は何をしてたの?

ウォーキング

ウォーキングは、毎日6キロ。だんだん慣れてくると、それをジョギングに変え、カロリーを消費するようにしていたのだそうです。また豊満のバストの持ち主、熊田曜子さんはさらしを巻いてジョギングしていました。こうすることで、乳腺が傷み垂れてしまうことを防ぐのです。

スクワット

1番効果的なダイエットは「スクワット」と答えている、熊田曜子さん。特にスクワットは、脂肪が気になってしまう太ももを筋肉に変えやすいトレーニング方法なのです!

家事と子供の相手をしながら運動

赤ちゃんを抱っこしながら、スクワットを行ったり。赤ちゃんをお腹に乗せて深呼吸を取り入れてみたりと、子育てをしながらできる運動を取り入れていたのだそう。そして洗濯物を干す時にも、できるだけ大きな動作を行うことで、家の中でもできる運動を行っていたみたいです。

間食がしたくなったら?

間食がしたくなったらベルタ酵素を飲む

授乳中は絶対にファスティングはできないと考えた熊田曜子さんは、間食にベルタ酵素を飲んでいたのだそうです。このベルタ酵素はクッキーに入れて摂取することで、カロリーをかなり抑えることができます。

ナッツを食べる

「ナッツを食べて間食する」ことは、熊田曜子さんは行っていませんが、間食にはナッツ類がオススメです。腹持ちが良いので、間食にはとても向いています。少量でも、お腹がいっぱいになりますので、間食はナッツを食べると良いですよ。

ドライフルーツを食べる

こちらも、実際に熊田曜子さんは行っていません。しかし間食にドライフルーツを摂取することもオススメなのです。普通のフルーツとは異なり、乾燥させたフルーツのことを指します。生のフルーツよりも、多くの栄養素を摂取することができること以外にも、生のフルーツよりも、糖分が少なく、腹持ちが良いのです。

だからドライフルーツは、間食にピッタリな食べ物なのです。

運動と食事で綺麗なボディを手に入れよう

 

熊田曜子さんの、ダイエット方法をご紹介しました。ただ食事制限するだけでは、綺麗なボディは手に入りません。大切なのは「食事内容」と「継続できる運動」を見直して、自分に合ったダイエット方法を見つけることです。今回ご紹介した方法をぜひ、参考にすることで理想のボディになれることでしょう。